読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kjohnのブログ

忘れないうちに書いて残しとく

『MGSV:TPP』チコはなぜ死んだのか

メタルギア

チコはGZのラストでビックボスやメディックと共にヘリに乗っていたが、XOFによる襲撃によってヘリは墜落、生死不明だったがTPPで死亡したことが明示される(カセットテープより)。チコはTPP本編で姿を見せることもなかった。

なぜチコはこのような扱いになったのか。少し思いついたことを書いてみます。
 
チコが初登場するPWは小島監督が若い世代にも平和(Peace)について考えて欲しいという意図でデザインされている。そのために若い世代に人気のあるメタルギアシリーズにしては若いアニメ声優を起用するなどしている。そのなかでチコはスネーク(BIGBOSS)との出会いを通じて「大人に成ること」を学んでいく。FSLNの一員であるチコはまだ12歳であるにもかかわらず姉のアマンダとともに行動しているが、アマンダから子供扱いされることにコンプレックスを抱いていた。そんななか自分を一人の戦士として接してくれるスネークを尊敬し仲間となる決意をする。
 
チコは小島監督がターゲットとしていた若い世代がこの物語に感情移入しやすいように設計されたキャラクターのように思える。スネークを初めて知るチコの視点を通じてメタルギアシリーズに慣れ親しめるようにするためのキャラクターだ。(PWでは若いユーザーの手にとってもらえるように若い声優を起用したり、流血表現をなくしてレーティングを下げるなどの工夫もなされた。)
 
チコはアニメや漫画(特に少年誌)に出てくる少年のような印象がある。大人へのコンプレックスにしても好きな女の子(パス)を助けにひとりで敵地に向かうにしても行動が身勝手で単純過ぎる。
そしてチコの潜入は失敗する。敵に捕まり尋問では自分のあり方をスカルフェイスに子供らしい考えだと否定され、GZのラストでヘリは墜落し、チコは命を落とす。スネークたちが戦う世界はチコが思っているほど甘いものではなかった。
 
この結末によってスネークたちの戦場はチコのような甘い考えや意志の強さだけでは生き延びることのできない無慈悲な世界なのだと伝えようとしているように思える。チコはある種その証拠としてTPPの舞台から排除されたのではないだろうか。